★特殊な手漉き和紙の障子 byインテリアウイング ★

0

    寒くなったり暑くなったり大変ですね。
    (有)インテリアウイングの若い衆です。

    新人が入ってもまだまだ若い衆継続です。

    さて、今回もまた変わったお仕事の紹介。

    当然普通の工事もたくさんしてますが、絵にインパクトが無いので
    いつも変わった仕事の紹介をしてるんです^^;

    お客様に頼まれ入った工事が店舗工事。
    品番指定が書いてる図面には見慣れない品番

    東京浅草にある手漉き和紙、自然クロスを扱う会社の品番でした。
    いざ届くと風合いや凸凹が多いので高級感も出てる商品でした。

    ですが施工はどの商品も特殊で簡単なものではありませんでした。




    アップの絵がこれです。

    もう普通の障子紙とは違いすぎて驚きました。
    というか「紙」であるかも際どいレベルです(笑)

    他にもこんな材料もありました。



    施行した写真を撮り忘れたので材料の写真です。
    こっちは高そうな障子紙って感じですね。
    施行後も安定してそうです。

    そしてクロスはこんな感じです。



    なんか貼っていてAKBを思い出すような色でした。
    しかもこのクロス、横に少しでも撫でると縦横に走ってる藁みたいなのが
    ひっくり返ってしまい、裏の白いところが見えてしまうんです。
    ですからとっても慎重に貼らなければなりません。



    施工後の写真はこんな感じです。
    結構暗めで落ち着いた雰囲気ですね。

    この商品ですが、KAMIZUMUというメーカで元カワシマ企画という会社の物です。
    噂だと山形県内でも有名な銀山温泉のある旅館は全部このメーカの商品だったという話ですね。

    誰でも施工できる内装工事じゃなかったのが面白かったですね。


    聞きたい事があればどんどん聞いてくださいね♪


    当社ホームページ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM