★輸入クロスの施工 byインテリアウイング ★

0
    1か月前くらいの完了した仕事の紹介です。

    こちらのお客様との最初の出会いはメールからでした。
    当社にこのような質問のメールがありました。

    「輸入クロスをふすまに施工だけしてもらう見積もりをしてもらえませんか?」

    という内容でした。

    しかも場所は宮城県の蔵王町という山の中の別荘地です。

    当社ではメールが来た場合私の携帯に飛ぶようにしているので
    すぐに気付き、概算について回答しました。
    また、施工には何点か施工できる条件があることも書きました。

    そしてまた暫く経ったある日またメールが来ました。

    「2部屋の見積もりでしたが1部屋ではどうでしょうか?」


    また回答すると、「工事お願いします」という事で返事を頂きました。


    ここまでは簡単な話なんですが、難しいのはここからです。


    材料が輸入クロスでお客様支給という点と、
    現場の採寸や下見が簡単に出来ないという点です。

    ここからメールでの確認作業を何回も行いました。

    ・柄はどんな柄か?
    ・不織布か?のりは何を使用するか?
    ・ではその柄をどこに持ってくるか?芯割するか?
    ・必要なのはX本です。柄はどこから始まってるか?
    ・実寸はいくらなのか?
    ・いつ工事するか?住所はどこか?

    時にはエクセルで絵を書いてもらって説明をしました。

    そんなこんなで現場に行き、無事完了できました。
    やはり打合せはとっても大事です。本当に順調にいきました。


    お客様も大変満足していました。
    そして色々話をすると、裏ではこんなことがあったそうです。

    「実は宮城野業者にも何件も問い合わせしたんですが、
    襖に輸入クロスを貼るなんて出来ない。って一蹴されたり、
    最初から相手にしてくれない業者も結構いました。
    誰も相手にしてくれなくて、困ってしまって
    山形ならどうかと思って連絡してみたんでした。

    そしたら襖によっては出来るという事で細かく対応してくれて
    こうして綺麗に貼ってもらえて本当によかったです。」


    IT内装屋冥利に尽きるお話で、こちらが嬉しくなりました。

    その方は自分で古い家の改装工事を進めていて、自分で壁を塗ったり
    タイルを貼ったりしていたようでした。
    ですが輸入クロスは難易度も高そうで、材料も高いのでリスクが高い・・・
    さすがに自分ではやれないな。。。という事で施工業者を探していたのです。

    当社は普通の内装屋ではやらない変わった仕事が多い内装屋だなぁと
    最近よく思います。
    年配の業者は保守的になり、手の付けたことのない仕事はやりたがりません。
    その点がうちと他の業者との違いなのかなとも思います。

    これからも「確実なチャレンジ」を頑張っていきたいですね。


    以下は今回の工事の様子です。




    施工前はガッツリ和の雰囲気です。





    輸入クロスは幅が50センチ前後です。








    貼りあがりはこんな感じです。

    国産クロスでは無い柄で外国の雰囲気となりました。

    変わった案件もどうぞ相談してください。

    当社ホームページ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM