★事務所の床工事(タイルカーペット編)  byインテリアウイング★

0
     おひさしぶりです。涼しくなりましたね。

    更新サボってたらある読者様から指摘されました^^;
    がんばって更新していきます。

    さて、今日は先月に工事したある事務所の床工事の話。

    見積り依頼の電話を頂きまして、お話を伺うと以下のような状態でした。

    ・接客スペースを含む事務所
    ・既存はタイルカーペット(置き敷き)
    ・土足で使用
    ・営業しながら貼り替え

    更にお話を伺うと、
    なんと既存のタイルカーペットはその昔、自分達で貼ったらしいのです。
    しかも2週間くらいかけて貼ったそうです。。。
    その為、糊を使わずに置き敷きになってるんですね。

    勿論素人の人が貼ったわけですから、目はランダムで小さいのが
    あっちに入ったり、こっちに入ったりして、ズレズレになります。

    既存はポリプロピレン製のタイルカーペットで、本来土足用ではありません。
    そこで、今回はポリプロピレン製、と土足用であるナイロン製の2パターンで
    見積りをお出ししたところ、ナイロン製での施工が決まりました。
    ナイロン製にすれば、10年程度は耐えれると思います。


    ちなみに、タイルカーペットは将来的に剥がす前提のようなもんなので、
    ピールアップといって、剥がしやすいノリを使います。

    これは「ノリ自体が剥がしやすい」と言ってるのではなく、
    「ピールアップ糊で貼ったタイルカーペットが剥がしやすい」という事です。
    (こんな事は一部の人しか興味無いんでしょうが・・・)


    工期は1日。約60屬任后
    家具移動、職人含めて5人での作業でした。

    その時の写真はこちら。




    目の錯覚でまっすぐ貼られていないように見えます。
    濃い方の色を目で捉えてしまうからなんだと思います。





    ちなみに、これはスミノエの「LP-3012」という商品です。

    事務所の床には、タイルカーペットの他に沢山あります。
    以下はすべて当社にて施工可能な商品です。

    Pタイル、ホモジニアスタイル、長尺、防滑シート、OAフロア‥等

    消費税の増税の前に貼り換え等検討してみてはいかがでしょうか?

    当社ホームページ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM