★タチカワブラインド商品勉強会 byインテリアウイング★

0
    8/24に行われた「タチカワブラインド商品勉強会」に参加してきました。

    勉強会というくらいですので、一般のお客様が参加する内容では無く、
    我々インテリア業界の関係者のみの参加です。
    参加者は15名程の参加でした。


    そもそも内容がマニアックで、「XXの部品が2mm小さくなりました」とか、「XXの対応色がXX種類に増えました」などで、私たちプロでさえ
    全部は覚えきれません。

    新商品の紹介や、実物の展示などを見たり、聞いたりするのが目的です。

    タチカワブラインド工業はその名の通り、ブラインドは勿論、
    ロールスクリーンや縦型ブラインド等、窓につける商品を扱う会社です。

    その中で気になった商品をいくつか紹介します。

    ○ロールスクリーン(小型ダブル)



    昔はゴツイ機械(メカ)になるのでオススメできませんと回答していましたが、
    現在はその問題点を改善しようとしているようで小型ダブルという仕様が
    出ていました。

    窓枠の中に6cmの奥行きさえあれば取り付け可能です。
    ローコスト住宅に多い窓枠の無いクロス巻き込みの窓にはピッタリです。

    小さい窓にカーテンをすると騒がしくなるので、レース、ドレープが
    両方つけれる小型ダブルはオススメです。


    ○ラインドレープ(縦型ブラインド)



    縦型ブラインド、バーチカルブラインドと呼ばれる商品です。
    この商品も前からありましたが、今回いいなと思った点は
    レースとドレープのペアタイプです。

    ドレープというのは厚地の事です。
    事務所なんかで使用されている縦型ブラインドはドレープのみが多いです。

    しかし、最近は家庭用で縦型ブラインドをオシャレに使用するお宅が
    多く出てきています。そうなると当然レースも欲しい方が増えてきます。

    今まではドレープとレースが交互に並んで、それぞれのハネの角度を変えて
    切り替え出来るタイプのものしか無いと思っていましたが、
    カーテンのように左右どちらかにレースを寄せる事が出来る商品が出ていました。



    ちなみにカラーコディネート仕様といってハネの色をバラバラにすることも可能です。



    気になったのは以上の2点ですね。

    生地の柄や商品ラインナップは。若者向けの商品、エコ商品に力を入れている
    ような印象を受けました。

    海外の住宅デザインが好まれる近代住宅にはカーテンよりも、
    こういったブラインドやロールスクリーンの方が私も合うと思います。


    当社では今回紹介した「タチカワ」の他に、「ニチベイ」「TOSO」等の
    ブラインド関連メーカーも扱っています。


    修理、交換等ありましたら是非ご相談ください。


    カーテン、ブラインド、ロールスクリーンはこちら

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM