★フローリングを新しく!?(スカイタワー編)  byインテリアウイング★

0
    久しぶりの更新ですが、もう12月も中旬です。

    少し時間が経ってしまいましたが、
    先日した床工事(フロアタイル)の写真の紹介です。

    最初会社に電話頂いた時は、「床にCFを貼ってほしい」
    という内容でした。

    場所は山形では有名な、上山のスカイタワーでした。
    実はスカイタワー初体験でしたので楽しみに現場に向かいました(笑)

    お宅に伺い話を聞くと、このような話でした。


     ・既存のフローリングが黒っぽくって嫌なので白っぽくしたい。
     ・最初は自分でCFを買って自分で置き敷きにしようとした。
     ・いざ廊下に敷いてみたが、大変過ぎて挫折。
     ・リビングは配管スペースや、柱等があり複雑なのでプロに頼みたい。
     ・フローリング貼り換えだと大工事になるので低予算で色を変えたい。


    やはり、スカイタワーの内装は20年前くらいに流行った色や柄が
    使われており、今時のカラーとは少しズレてる感じがありました。


    少し話していくと、CFより丈夫な長尺シートやフロアタイルも
    迷っているようでしたので、長尺シートのサンプルとフロアタイルの
    サンプルを10点程取り寄せて、お客様に見て頂きました。

    アンティークウッド調にしたいというお客様の要望があり、
    サンゲツのフロアタイルに決まりました。

    既存のフローリング




    キッチンはCFが貼られていましたが、丈夫な長尺シートに貼り替えます。
    最近流行りのテラコッタ柄です。






    フロアタイル施工中



    完成







    お客様と何度も打ち合わせを重ねたのでイメージ通りの仕上がりとなり、
    お客様も非常に満足されているようでした。

    今回の工事で中古のマンション再生の可能性を感じました。
    少し変えるだけでイメージがガラッと変わった実例だと思います。



    当社ホームページ

    ★フローリングを新しく!?(スカイタワー編)  byインテリアウイング★

    0
      久しぶりの更新ですが、もう12月も中旬です。

      少し時間が経ってしまいましたが、
      先日した床工事(フロアタイル)の写真の紹介です。

      最初会社に電話頂いた時は、「床にCFを貼ってほしい」
      という内容でした。

      場所は山形では有名な、上山のスカイタワーでした。
      実はスカイタワー初体験でしたので楽しみに現場に向かいました(笑)

      お宅に伺い話を聞くと、このような話でした。


       ・既存のフローリングが黒っぽくって嫌なので白っぽくしたい。
       ・最初は自分でCFを買って自分で置き敷きにしようとした。
       ・いざ廊下に敷いてみたが、大変過ぎて挫折。
       ・リビングは配管スペースや、柱等があり複雑なのでプロに頼みたい。
       ・フローリング貼り換えだと大工事になるので低予算で色を変えたい。


      やはり、スカイタワーの内装は20年前くらいに流行った色や柄が
      使われており、今時のカラーとは少しズレてる感じがありました。


      少し話していくと、CFより丈夫な長尺シートやフロアタイルも
      迷っているようでしたので、長尺シートのサンプルとフロアタイルの
      サンプルを10点程取り寄せて、お客様に見て頂きました。

      アンティークウッド調にしたいというお客様の要望があり、
      サンゲツのフロアタイルに決まりました。

      既存のフローリング




      キッチンはCFが貼られていましたが、丈夫な長尺シートに貼り替えます。
      最近流行りのテラコッタ柄です。






      フロアタイル施工中



      完成







      お客様と何度も打ち合わせを重ねたのでイメージ通りの仕上がりとなり、
      お客様も非常に満足されているようでした。

      今回の工事で中古のマンション再生の可能性を感じました。
      少し変えるだけでイメージがガラッと変わった実例だと思います。



      当社ホームページ

      ★事務所の床工事(タイルカーペット編)  byインテリアウイング★

      0
         おひさしぶりです。涼しくなりましたね。

        更新サボってたらある読者様から指摘されました^^;
        がんばって更新していきます。

        さて、今日は先月に工事したある事務所の床工事の話。

        見積り依頼の電話を頂きまして、お話を伺うと以下のような状態でした。

        ・接客スペースを含む事務所
        ・既存はタイルカーペット(置き敷き)
        ・土足で使用
        ・営業しながら貼り替え

        更にお話を伺うと、
        なんと既存のタイルカーペットはその昔、自分達で貼ったらしいのです。
        しかも2週間くらいかけて貼ったそうです。。。
        その為、糊を使わずに置き敷きになってるんですね。

        勿論素人の人が貼ったわけですから、目はランダムで小さいのが
        あっちに入ったり、こっちに入ったりして、ズレズレになります。

        既存はポリプロピレン製のタイルカーペットで、本来土足用ではありません。
        そこで、今回はポリプロピレン製、と土足用であるナイロン製の2パターンで
        見積りをお出ししたところ、ナイロン製での施工が決まりました。
        ナイロン製にすれば、10年程度は耐えれると思います。


        ちなみに、タイルカーペットは将来的に剥がす前提のようなもんなので、
        ピールアップといって、剥がしやすいノリを使います。

        これは「ノリ自体が剥がしやすい」と言ってるのではなく、
        「ピールアップ糊で貼ったタイルカーペットが剥がしやすい」という事です。
        (こんな事は一部の人しか興味無いんでしょうが・・・)


        工期は1日。約60屬任后
        家具移動、職人含めて5人での作業でした。

        その時の写真はこちら。




        目の錯覚でまっすぐ貼られていないように見えます。
        濃い方の色を目で捉えてしまうからなんだと思います。





        ちなみに、これはスミノエの「LP-3012」という商品です。

        事務所の床には、タイルカーペットの他に沢山あります。
        以下はすべて当社にて施工可能な商品です。

        Pタイル、ホモジニアスタイル、長尺、防滑シート、OAフロア‥等

        消費税の増税の前に貼り換え等検討してみてはいかがでしょうか?

        当社ホームページ

        ★おしゃれな壁と床 byインテリアウイング★

        0
          おはようございます。
          早いものでもう4月も中旬です。

          3月は内装業界が忙しいのは毎年なのですが、
          今年は何故か4月も忙しいです。

          先週に土日を休みにして、
          アンパンマンミュージアムに行っただけで、
          3月中旬から休み無しです。

          さて、今日は最近目立った工事について紹介します。
          目立ったというのは、カッコよく仕上がったという感じです。


          ケース1

          新築物件でのトリムを加えた子供部屋



          女の子の部屋なのでしょう。かなりカワイイですよね。
          これは、上、中、下と3種類のクロスが使われています。
          このように貼るようにメーカーで狙って売っている商品なんだと思います。

          真ん中に使われているクロスは「ボーダー」又は「トリム」と呼ばれる
          クロスで15僂らい幅しか元々ありません。

          普通の白一色のクロスの部屋にボーダーを足す事も可能です。
          これでアクセントの効いた部屋になります。

          ここからは仕上げの細かい話になりますが、ボーダーはクロスの上に
          ペタっと貼られてるわけではありません。
          しっかり張り合わされています。

          つまり、ボーダーの下はボードであって、クロスではありません。
          稀にクロスの上にボンド等の強い糊で貼って仕上げる人もいます。
          ハッキリ言ってこの方が簡単ですが、後々のことを考えると
          よくありません。つまり、剥がれやすいという意味です。
          理由が無ければ、既存のクロスとジョイントするのが正解です。


          ケース2

          ホモジニアスタイルを使ったパーマ屋さんの新築工事


           


          これはホモジニアスタイル、またはフロアタイルと呼ばれる床材です。
          本物の木じゃありませんよ。

          タイルという名の通り、一枚一枚貼っていく商品なので、立体感が生まれ
          平らな長尺塩ビシートより高級感がでます。

          商品自体も固いので便器がついてるトイレなんかには施工が出来ません。

          今回使ったのはアンティークなウッド調のタイルでしたが、
          45儚僂了務所向きの商品もあります。


          ケース3

          隣に家が建って目線が気になりガラスフィルムを施工

          施工前


          施工中


          新興住宅地によくあるケースですが、
          後から家が建ってくるのはいいけど、窓の場所が近いんですけど。。。
          みたいなパターンです。

          この後、写真に写ってる4枚全て貼りました。
          お客様は隣に家が建ってから、気になってずっとカーテンを閉めてたそうです。
          施工後に話を伺ったら、カーテンを開けれるようになってよかった。
          と満足してました。

          最初だけ少し圧迫感があるかもしれませんが、
          このくもりガラス風のガラスフィルムにしてしまえば、
          外からは、まず何も見えません。工事は半日で終わりました。


          このように内装工事と言っても様々な工事があります。
          名刺にも「内装全般」と書いてますが、
          「全般」という言葉では分かりにくいですよね。

          なのでこのように業務紹介をするのでした。



          「XXをXXする工事はお宅でやってますか?」
          みたいな問い合わせでも全然OKです。
          間違ってても問い合わせるのはタダですからw
          (電話代はかかるか・・・)


          聞きたい事があればどんどん聞いてくださいね♪

          当社ホームページ

          ★TUTAYAさんの床工事 byインテリアウイング★

          0
             

            先日うちの会社に電話があり見積もり依頼がありました。
            とあるTUTAYAさんからのお電話でした。

            その後、打ち合わせ、段取りを重ねていき先日5/29の朝に終わらせてきました!

            TUTAYAさんの営業時間はAM 2:00まで。
            次の日は朝 9:00から営業です。営業してないのは夜中の7時間だけ。

            つまりその間で1日で終わらせる必要があったんです。

            夜中の2時に現場に乗り込み、終了目標6時にして始めました。
            今回は予算の関係上、一部だけの改修となりました。

            そもそもの話が、2,3年前に同じように一部だけ貼った
            クッションフロアが剥がれてきて見くさいので同じように
            クッションフロアを貼って直したいという話でした。

            どうしてもCFだと弱いので同じように2,3年で剥がれるので、
            頑丈な塩ビシートに変更してもらいました。




            施工前 ↑
            剥がれてますよね。



            ゴミが飛び散らないように養生してます。



            一生懸命剥がします。
            割と剥がしやすく、悲惨な状況にはなりませんでした。



            長尺塩ビシートなので施工がCFより大変です。
            糊も少し強めの物を使っています。



            ジョイント(つなぎ目)は溶接工法となりますので頑丈です!



            既存CFとの繋ぎは厚みの差、溶接が出来ないという点から金物の取付となりました。
            正直、見た目は悪くなりますが、予算、効果の点から金物押えになりました。
            ステンレスなので超頑丈です。切るのも大変ですw



            完成です。
            「予算だけあれば、全部施工してほしいくらいです^^」
            と店長さんのお言葉でした。

            こちらも本当は金物なんて無しで全部したほうが見栄えもいいので
            お奨めしたかったのですが、予算、工期の関係で出来ませんでしたが^^;

            無事、6:30頃には掃除まで完了して撤収となりました。

            みなさん、山形のTUTAYAにどうぞいらしてください。


            お見積り、ご相談は無料ですのでお気軽にお電話ください

            当社ホームページ

            ★車屋さんの床工事 byインテリアウイング★

            0

              今年もよろしくお願いします。
              インテリアウイングの若い衆です。

              新年になり、パソコン、複合機をnewマシンにしました。
              まだキーボードが慣れず、ミスタイプばっかしてます。

              さて、年末にやったカーサービス山形の床工事の紹介です。
              本件はとある工務店の元でやった仕事でした。

              既存はタイルカーペットという50cmのカーペットでした。
              それをホモジニアスタイルという硬質な塩ビタイルに変えるという工事でした。

              新規にホモジニアスタイルにするのは簡単ですが、
              タイルカーペットをホモジニアスにするという場合ですと、
              下地の具合、糊の種類など様々な問題が出てきます。

              古いモルタル下地であれば、ガタガタになっている可能性もありますし、
              使われている糊の種類によっては化学反応を起こすケースもあるからです。

              今回は何とかすべてクリアしていたので工事に至りました。

              工事をしたのが12/28,29でした。つまり年内営業終了日です。
              お客様が来ないこの日くらいしか工事できないというのが店舗なんです。

              タイルカーペットはきれいにはがれ、穴が開いていたり、
              段差のある部分は直せる程度でした。




              半分貼った所 ↓






              このように見た目は木のフローリングのようですが、塩ビ製のタイルです。
              フロアタイルと呼んだり、ホモジニアスタイルと呼んだりします。
              これはメーカーによる差もあります。

              頑丈で土足もOKなので、店舗の床に多く使われます。
              最近では室内に使うケースも増えてきており、
              色も柄も多いので、新築からホモジニアスを施工した事もあります。


              興味のある方はご相談ください。


              山形県の床工事 (有)インテリアウイング

              ★震災のせいで9月の引っ越し? byインテリアウイング★

              0
                おはようございます。
                インテリアウイングの若い衆です。

                最近ブログさぼり気味でした。すみません。

                建築業界は珍しく忙しい状態が続いています。
                これも震災、原発が影響しているようです。

                知っている限りでは、大工さん、外壁屋さん、内装屋さん
                今月、来月まで予定びっしりという状態のようです。
                その中で開いている数日を調正して細かな仕事を割り込ませるといった感じです。

                当社も10月になった途端に、アパートの貼り替えが急に多くなりました。
                しかも、入居者希望者が多いので今すぐやってほしい!という案件が多いです。

                おそらく、3月に異動予定だった方が震災で異動できなくて、
                9月に異動になったりしているものと思われます。



                ↑クロスを貼り替えている写真

                あと、最近多いのがマンションの絨毯(カーペット)貼り替えです。

                マンションは防音を目的としてフローリングではなく、絨毯になっている事が多いです。
                一般的な絨毯は表面に見えている絨毯の下にフェルトという綿のような素材の
                敷物が敷かれています。コーヒーをこぼしたり、ネコのおしっこだったり
                しみこむ汚れが多い場合などは、このフェルトも交換する必要があります。

                ちなみに絨毯は素人の方が日曜大工で貼り替えようとしても、
                まず貼り替える事はできません。
                グリッパー加工という部屋の隅にひっかけるような
                特殊な施工になっているからです。

                今回は赤ちゃんの為に賃貸マンションの絨毯を貼り替えたいという内容でした。



                古い絨毯をこのように切って剥がします。(運搬を楽にする為です)
                下に見える黒っぽいのがフェルトです。



                このようにピンッと貼るのが職人技です。
                特定個所だけ引っ張るとつっぱってしまいます。

                ダイワマンションや大手マンションの場合は事前に管理人の許可が
                必要ですが、絨毯から絨毯に直す場合はほとんど許可がおります。
                先ほど書いたとおり、絨毯からフローリングに直す場合は許可が下りない
                可能性がありますので、十分確認してくださいね。

                聞きたい事があればどんどん聞いてくださいね♪

                床工事

                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                3031     
                << December 2018 >>

                profile

                search this site.

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM